Living暮らす

~空き家物件探訪~ その2

竜光地内【売-13】
売買価格【200万円】
建築時期【昭和62年頃】

 

市内にある空き家バンク登録物件を、地区の特色とともにお伝えしていきます。

 

 

 堀之内地域竜光地区

堀之内地域は、古くは三国街道沿いの宿場町として栄えました。
商工業が盛んであり、商工会青年部がイベントなどを仕掛けるなど、活気ある地域の一つです。
また、魚沼市はユリの生産面積が日本一で、花卉農家も多く点在しています。
その中でも竜光(りゅうこう)地区は街中を一歩離れ、近くには山、田んぼ、畑が広がります。
地区のメンバーでわらび園を開いて観光客を受け入れたり、子ども達の田んぼ体験を受け入れたりと
多くの人が竜光を訪れます。
平成16年の中越地震の際は、震源地である長岡市川口地域に近いため、竜光も自宅の倒壊や土砂崩れなどの
被害もありましたが、現在も多くの方が元気に暮らしています。

 

 

実際の物件を見てみましょう

おじゃましまーす。

玄関を正面に見て左側、ブルーシートがかかっているところは車庫でした(1台収容可能)

 

 

右側の茶色い壁面の建物は、増築した家屋です。

 

 

玄関を上がると、すぐ目の前が台所です。
台所は冷蔵庫やレンジを置いたとしても、広々利用できそうです。

 

 

台所左手側には脱衣所と

 

お風呂があります。
洗面台の隣には、トイレがあります。


 

さて、台所右側には和室があり、

 

和室を通った奥に、増築した家屋の部屋があります。
こちらの部屋も含め、廊下やトイレ、脱衣所などはふんだんに木が使われており、
ウッディな感じが素敵でした。
こちらのお部屋には、ウォークインクローゼットもありました。

 

階段を上っていくと、すぐに車庫の2階への扉が。
用途としては物置かと思いますが、こちらは2階よりも少し下がって入るので、ロフト的なイメージ。
昔憧れたハイジの部屋みたいで、勝手にわくわくします(年齢がバレますね)

 

こちらは、間取り図をみると物置となっていますが、改修すればお部屋としても使えそうな感じです。
棚もたくさんあるので、趣味の部屋にしてもよさそうですね。
ちょうど台所などの上にあたります。

 

部屋の配置は1階と一緒なので、和室の奥に洋室があります。

 

少し天井が低めですが、窓がたくさんあって開放的ですね。
眺めもばっちりです。


 

 

!!注意点!!

  • 平成24年1月頃から空き家になっているため、特に水回りは改修が必要となります。
  • 県道から家までの道路(距離:約90m、幅:3m、舗装道路、坂道)は排雪場所が無いため、除雪車が入れない状況です。
    除雪車が入るには、近隣関係者との協議・合意の後、地元自治会長を通じて、市建設室と協議が必要です。
    ※以前住まわれていた方は、冬は車庫に車を格納し、雪道を歩いて上り下りしていたそうです。

 

 

探訪を終えて

県道から少し高台に上がった一軒家なので、とても静かです。
車庫の2階や広い物置部屋を考えると、「趣味を楽しむ家」としてセカンドハウスにしても。
冬場の状況を考えると、雪解けから降雪前まで利用する、二地域居住にもおすすめの物件です!

 

詳しくは魚沼市ホームページをご覧ください。

 

 

【お問い合わせ】
魚沼市役所 企画政策課 まちづくり室
TEL:025-792-9752 FAX025-792-9500
E-Mail:chiiki@city.uonuma.niigata.jp