魚沼とは

魚沼市を一言で言うと「大いなる田舎の代表」です。

山があり、川があり、田んぼがある。
日本有数の豪雪地帯ですが、その恩恵は大きく、雪が降る事によって産業が興っています。

その代表格が農業。
豊富な雪どけ水が田んぼを潤します。

その他にも、良質の水を必要とする食品関係の会社や、日本酒の酒造会社も市内には多くあります。

 

魚沼の人

よく、おとなしい、静かと言われます。

これは、雪国に住むことによって培われた粘り強さや我慢強さが要因かと思いますが、お酒を飲むと陽気に喋るし、慣れてくるととても親切で、親身になってくれます。

 

魚沼の自然

面積がとても広いです。
東京23区もすっぽりですね。
市内の約85%が山林で、木も財産です。

尾瀬国立公園、越後三山只見国定公園、新潟県立奥只見レクリェーション都市公園と、国や県の指定公園が三か所あるのも珍しいのではないでしょうか。

 

魚沼の食

ご飯は言わずとも知れた「魚沼コシヒカリ」です。
市内の飲食店も、安くてレベルがとても高いです。

そばやラーメンも美味しいですね。

名産品には山菜・きのこ・露地野菜があり、中でも入広瀬地域は「山菜共和国」の名前を持ち、木の芽、わらび、うど、こごめなど、春になればたくさんの山菜に恵まれます。

 

魚沼の観光

体験型の観光が多くなってきています。
農業やアウトドア関係など、普段の生活では中々できないことも、魚沼の大自然の中でならできることがたくさんあります。

また、越後三山など2,000m級の山々があり、100名山・200名山もあります。
山によっても異なりますが、美しいブナ林やヒメサユリなど多くの植物が自生しており、中高年の登山者にも人気です。

 

魚沼にいらっしゃる皆様へ

魚沼はあくせくせず、ぼーっとできる良いところです。
ぜひのんびりしに来てください。

魚沼市の概要はこちら