Cheer応援する

魚沼市のふるさと納税・ふるさと「結(ゆい)」寄附金を知る!

ふるさとを応援する『ふるさと納税』

ふるさと納税をしたものの、そのお金がどのように使われているのかを考える機会はあまり無いのではないでしょうか。
寄附をいただいた自治体は、寄附金を財源として各種事業を行うことができます。

魚沼市を応援していただく気持ちの入った「ふるさと納税」
その内容や使途を市の担当者に伺いました。

 

-「ふるさと納税」というものが良くわからないのですが・・・

 ふるさと納税は平成20年から始まりました。
「納税」と言われていますが、税金に当たるものではなく、ふるさとへ贈る「寄附金」となります。
近年の「ふるさと納税ブーム」によって、魚沼市にふるさと納税をしていただく方が増えました。
ありがとうございます。

 

-魚沼市にはどのような返礼品があるのでしょうか?

 魚沼市では、特産品である「コシヒカリ」や「ユリの花」、「地酒セット」などを返礼品としてご用意しています。
 同じ「コシヒカリ」でも、多くの生産者さんから選べるようになっています。

また、1万円以上2万円未満、2万円以上3万円未満、3万円以上5万円未満、5万円以上10万円未満、10万円以上の5階層となっており、

各寄附金額の範囲内で複数の返礼品をお選びいただくこともできます。

 

-魚沼市へのふるさと納税はどのように行えば良いのでしょうか

ふるさと納税専門サイト「ふるさとチョイス」からWeb申し込みとクレジットカード決済ができるほか、カタログから申込書を利用して

お申し込みいただくことができます。

 

-魚沼市へのふるさと納税はどのような使われ方をしているのでしょうか

寄附をいただいた皆様から下記の使途をお選びいただき、魚沼市が将来像に掲げる「人と四季がかがやく雪のくに」の

実現のために大切に使わせていただいております。

  1. かがやく自然応援隊    
    雄大な自然環境の保全や活用
  2. かがやく子ども応援隊   
    教育環境の充実と子育て支援
  3. かがやく高齢者応援隊
    高齢者福祉の充実
  4. かがやく文化応援隊
    文化の保存・活用・発信
  5. かがやく魚沼応援隊
    市長が魚沼市の未来発展に寄与すると認める事業

-魚沼市のふるさと納税には「結(ゆい)寄附金」という
 名前がついていますが、なぜでしょうか

魚沼市は平成16年10月23日に中越大震災に見舞われ、大きな被害を受けた地域もたくさんありました。

そのような中で被害にあった地域や人々を助けたのは、周りの方々の協力と、多くの助け合いの心でした。
この辺りの地域では、(主にお年寄りの方々が)助け合いの事を『結』と言い、中越大震災を乗り越えた

「団結・結束・いろいろな地域、人々との繋がり」それが今の魚沼市の原点なのです。

その意味や気持ちを込めて「結」と名付けました。

 

-ふるさと納税をしてくださる寄附者の方々に一言お願いします

返礼品である魚沼市の美味しいものを食べて、魚沼を少しでも知っていただければと思います。

次は実際に来てみてゆっくり温泉に入ってくつろいだり、時期によってはスノースポーツを楽しんでいただき、

そこから魚沼市を好きになって交流や移住先へと考えていただくことができれば嬉しいです。

 

-ありがとうございました。

 

お話を伺った方
魚沼市役所企画政策課まちづくり室 ふるさと納税担当者

 

ふるさと納税に関するお問い合わせ
魚沼市役所 企画政策課まちづくり室
TEL:025-792-9752 FAX:025-792-9500
E-Mail:chiiki@city.uonuma.niigata.jp

魚沼市の「ふるさとチョイス」はこちらからご覧いただけます。